本文へ移動

事業紹介

めっき

金めっき
  • 金めっき
    金めっき
    • 金めっき
金めっき(硬質)
 金めっきは古くから装飾技術として使用されてきました。近年では工業用めっきが開発され、安定した
めっき皮膜が得られるようになったため、電子部品の電気接点としてなど工業分野で幅広く活用されています。
金めっきの利点として、空気中で安定して変色しにくく、電導度も銀に次いで高く、またコバルトで合金と
することで硬度も得られます。デメリットはやはり高価であること、また金めっき自体の膜厚を厚くすること
が難しく、めっき皮膜自体に光沢感が少ない点があります。そのため、金めっき自体は薄く加工し、
下地の光沢ニッケルめっきにてめっきの厚さや光沢感の調整を行うことが多いです。
 
 当社の金めっきは硬質金めっきと呼ばれる金99.7%、0.3%コバルトの合金めっきです。工業用途でご使用
いただくことがほとんどで、コネクタやスイッチなどの部品に加工をさせていただいております。
 
 バレルめっきの特性で、一回の加工にて数多くの製品にめっきを着けることが可能です。小さな部品であれば一度に何万個も加工することができるため生産性が高く、低コストでの対応を実現しています。また、引掛け(吊るし)めっきに比べて、膜厚のばらつきが少ないことも特長です。
 
 株式会社池田車框製作所では、多品種小ロットに対応できるように、大きさの異なるバレルを多数用意し、
お客様のご要望に対しきめ細やかな対応ができるよう努めております。
株式会社池田車框製作所
〒143-0003
東京都大田区京浜島2-2-5
TEL.03-3790-2222
FAX.03-3799-3399
info@ikeda-shakyo.cmk.or.jp
◆事業内容:バレルめっき◆
金めっき(硬質)/銀めっき/
錫めっき(半光沢)/
ニッケルめっき(光沢)/
無電解ニッケルめっき/
ニッケルボロンめっき/
銅めっき/化学研磨/キリンス/
脱脂洗浄/バレル研磨/
◆資格・免許◆
毒物劇物取扱責任者 3名
1級めっき技能士 5名
2級めっき技能士 3名
特定化学物質作業主任者 7名

東京都一種公害防止管理者 3名
特管物産廃管理責任者 1名
安全衛生推進者 2名
防火管理責任者 1名

ISO9001:2015 認証取得
ISO14001:2015 認証取得

 

0
0
0
9
6
1
TOPへ戻る